ゲームとお食事だけして生きたいな。

PS4とPCゲーについて色々書いていくブログです。

Resizable BARを導入したのでベンチマーク回してみました。

今日はベンチマークのお話しです。

 

……多分このブログの中で、もっとも不人気であろうお話しですね。

PCゲーマーにしか役に立ちませんし。

 

それでも、測ったベンチを捨て去るのは惜しい(なんだそれは)ので、載せて行きます。

そして、今回何故ベンチを測ったかというと、遂にあれを導入したからなのですよ。

「Resizable BAR」

遂に導入へと踏み込めました。

正直結論から言うと、それなりに差が出るものだな、と思いました。

取り敢えず、ベンチ結果を書きますね。

ちなみにCPUは、Ryzen7 3800X定格、GPUは、RTX3080定格でテストしました。

 

まずは、FF14、漆黒のベンチです。

4K最高品質といういつも通りの構成で行きます。

f:id:noalles:20210605214322j:plain

 

13296ポイント。

前回より少し伸びましたね。

これくらいなら、十分満足出来るかもしれません。

 

次は、TimeSpyの4Kです。

 

f:id:noalles:20210605214618j:plain

 

これも伸びたっぽいですね。

うーん、良い感じ、なのかな?

 

お次はFireStrikeの4Kです。

 

f:id:noalles:20210605214835j:plain

 

そこそこの点数だと思います。

比較対象がどこかに行ってしまったので、どのくらい上昇してるのかはイマイチわかりませんが、記憶している限り、5%~10%くらい、大体のベンチが点数上昇していると思います。

 

そして、おまけですが、アサクリオデッセイのベンチも載せますね。

 

f:id:noalles:20210605215150j:plain

 

60fps。

今までならグラボをOCしなければ到達出来ないポイントでしたが(今のご時世で、グラボのOCは怖いので、やめておいてます……)ここまで来ましたね。

 

うーん、Resizable BAR効果はある感じですが、そこそこの変化、という感じかもしれません。

ただ、概ねベンチ結果は上昇しているので、効果はあるのだと思います。

CPUがボトルネックになっている可能性もありますし、まだなんとも言えませんが。

 

色々リスクはありますが、やってみる価値はあると思います。

 

それではまた明日(?)