ゲームとお食事だけして生きたいな。

PS4とPCゲーについて色々書いていくブログです。

Ryzen7 3800XとGTX1080SLIという構成で、FF14漆黒のヴィランズベンチを回してみました。

今日は久し振りに、ベンチを回したお話を書いてみたいと思います。

PCのベンチマークのお話しですからね……?(それ以外無いとは思うけど)

最近パーツ構成変えて、Ryzen7 3800Xと、GTX1080SLIという構成が可能になったのですよ。

以前もGTX1080SLIでのベンチ記事は書きましたが、その時のCPUは、Ryzen7 1800Xでした。CPUの変化と共に、どんな変化があったかを書ければ良いかなと思ってます。

ちなみに前にも書いたとおり、SLIに対応しているゲームはかなり少ないです……。

一応FF14が対応してるので、FF14ベンチを回してみました。

 

まずおさらいとして、Ryzen7 1800Xの時の記事がこちらになります。

 

https://www.noallis.com/entry/2019/05/24/231956

 

もう1年近く前の記事ですね。この頃も色々ありました……。

それはさておき。

 

まずは1920X1080という解像度から見ていきますか。

Ryzen7 3800Xではこちらになりました。

 

f:id:noalles:20200407192546j:plain

 

13937ポイント。

ちなみにRyzen7 1800X時のスコアが、14147ポイント。

……ちょっと待って、減ってる……。

正直理由は分かりませんが、ベンチ取るとたまに逆転現象起こるのですよね。

どこで変化したのかはあまり推理出来ませんが、そういうものなのかなぁという結論にしています。誤差ですし。

ただ、漆黒のヴィランズベンチでは、CPUに変なクセがあるのかもしれないとは思ってます。多分気のせいですけどね。

 

そして、次は2560X1440という解像度。

 

f:id:noalles:20200407192934j:plain

 

むしろ解像度を上げた方がスコアが上がったり。ちょっともうよく分からない……。

単純に解像度を上げた方が力を発揮するのでしょうか……。それにしても、スコアが上がるのはよく分かりませんね。

ちなみにRyzen7 1800X時のスコアが、13103なので、伸びてはいますね。

誤差と言ってはいけない範囲の伸びかもしれません。何せ1000ポイント近くの差ですから。

謎の多い結果ですが、最後、3840X2160。所謂4K解像度でスコアを見てみます。

こうなりました。

 

f:id:noalles:20200407193347j:plain

 

12162ポイント。前回の結果が、11260ポイントだったので、順当に伸びてますね。

これも、誤差とは言えない範囲ですね。

 

大体こんな感じです。

CPUでの差はあるみたいですが、そこまで躍起にならなくても良い感じなのかもしれません。

IntelCPUでも試したいところですが、現状手持ちはi7 4770しかないのと、とても面倒なのでやめておこうと思います。

こういう時、ベンチ回して記事書いてる人って本当に凄いなと思います。

KTUさんとか(本当にリスペクトしてますけど)

素人の私はこんな感じが全力です。何かの折に、またベンチの記事でも書こうかなと思ってます。

楽しんでいただける内容になっていたら幸いです。

 

それではまた明日(?)