ゲームとお食事だけして生きたいな。

ゲームについて色々書いていきます。趣味炸裂です。

Ryzen9 5950XのCPUクーラーを、虎徹からAS500に変えてみました

昨日の宣言通り、CPUクーラーを買いました。

買ったのはこちら。

 

 

 

AS500です。結構冷えるらしいですね。

ケースなどに干渉しなさそうなのでチョイスしました。

 

 

いや、意外と大きいですね……。入らなかったらどうしよう……。

なんて思いましたがしっかり入りました。

 

そしてテストした結果なのですが。

 

まずはCINEBENCH。
と、その前に、アイドル時の温度も測ってみました。
どうやら45度くらいみたいですね。虎徹は55度だったので……かなりの差です。
 
そしてベンチの温度がこちら。
 

クーラーが虎徹だった時期は、常に90度張り付きで、サーマルスロットリング起こしてましたね。
クーラーをAS500に変えたら79度までしか上がらなくなりました。
ベンチのスコアも2000点ほど上がりました。
 

でももう少し上を狙いたいのが本音かもしれません。
 
 
そしてFF15ベンチです。
 

なんとCINEBENCH以上に熱くなりました。まさかの86度。
これは結構強いですね。こんなにCPU使うベンチでしたっけ?
ちなみにベンチのスコアは殆ど変わらなかったです……何故でしょうね。
 

最後にWebブラウジングとか音楽聴いたりとかしたときの温度です。
 

一瞬高くなりましたが、大体の時間を55度周辺を行ったり来たりしていました。60度超えることは殆ど無かったと思います。冷えてますね。
 
大体こんな感じです。間違いなく虎徹よりは冷えています。そして、ファンの音が殆どしません。静かなファンです。ここ重要かもしれません。
 
AS500、想像以上に良いクーラーでした。
値段もお手頃でしたし、そこそこ冷やしたいとお考えの方には良い品ですね。
勿論現行の最高クラスCPUを冷やすほどの力はないと思います。そういう方はたぶん、このクラスのCPUクーラーなんて選ばないので良いとして、そこそこお熱いCPUには良さげな一品です。
以上が買ってみた感想です。
 
それではまた明日(?)