ゲームとお食事だけして生きたいな。

ゲームについて色々書いていきます。ジャンルはごった煮です。

プリンセスメーカー2リジェネレネーション、娘、武闘会で勝利を挙げる。

今日もプリンセスメーカー2リジェネレネーションのお話しを書きますね。

 

遂に来ました、娘にとって3回目の収穫祭。そして武闘会。

今回こそは勝ちたいです。毎年1回戦敗退では辛いですから。

という訳で、武闘会の様子です。

 

 

1回戦目の相手。

「私の相手は……え~と……。対戦相手はドン=レオ・ジョナサンです」

ふむふむ、どんな的なのだろう?

キューブがフォローしてくれます。

 

 

「レスラータイプの肉体派です。鍛え抜かれた筋肉パワーはあなどれませんよ。でも、守りは苦手みたいです」

なるほど。いわゆる脳筋というやつでしょうか。娘も近い所がありますが、良い勝負になりそうです。

 

 

いざ尋常に勝負。

 

 

「手加減はせんぞ」

それはこちらのセリフです。手加減はしません。

 

 

着実にダメージ与えていく娘。

このまま行けば、勝てるかもしれません。

 

 

勝ちました。武闘会初勝利です。これは嬉しいですね。娘が遂にやりました。

 

 

「俺の負けだ……」

いさぎよく負けを認めるのはよきです。娘快勝です。

 

 

「お父さん、私勝ちました!」

頑張ったね、えりか。私も誇りに思います。この調子で優勝を狙いましょう。

 

 

「えりかはドン=レオ・ジョナサンを打ち破った!」

1回線突破。本当に優勝を狙えるかもしれません。

 

 

「懸賞金222Gを獲得!」

娘が始めて手にしたファイトマネーです。頑張ったね。そしてそのお金は養育費に使います。

 

 

さて、次の相手です。

「次の相手は……え~と……。対戦相手はカール・フォックスです」

ふむふむ、どんなやつなのだろう?

 

 

「カール・フォックス……盲目の拳法家です。腕前はかなりのものですよ」

なるほど、盲目の拳法家……。強そうです。

 

 

「武器は使いませんが、その拳ははっきりいって凶器です。怪我しないでくださいね」

怪我しないかどうかはわかりませんが、娘も頑張ってくれると思います。これに勝てば準決勝ですから、期待です。

 

 

「2回戦、カール・フォックスVSえりか・姫草。懸賞金222G」

頑張れ、えりか。父も見てますよ。

 

 

闘いがスタートしました。結構娘が押しています。このまま押し切れば勝てる。そんな感じに見えます。

さて、結果は。

 

 

娘、2回戦も勝利です。

カール・フォックスの戦意を砕きました。

頑張ったね。次も負かして優勝狙おうね。

 

 

と言うわけで、次の相手です。いよいよ準決勝。これに勝てば決勝です。娘よ、頑張って。夢である武闘会優勝まであと少しですよ。

「次は準決勝ね……え~と次の相手は……。対戦相手はマッスル・ハルバルです」

 



キューブの説明。

「マッスル・ハルバルは。ちょっと強いですよ。力も技も一級品の海賊の頭目です。魔法はからきし苦手みたいですけどね」

なるほど。今回は更に強敵というわけですか。しかし相手が誰であろうと同じです。目の前の敵にただ勝つ。それだけです。

 

 

いざ尋常に、勝負。

それにしても、相手の能力が異常です。これは勝てるのかな……?

結果は……。

 

 

善戦したのですが、時間切れになりました。マッスル・ハルバルの優勢勝ちということで、三回目にて、えりかの武闘会は終わりました。

 

 

「えりかはマッスル・ハルバルの前に敗れ去った……」

 

 

そして優勝者発表。準決勝で負けた、マッスル・ハルバルが優勝したみたいです。

本当に強敵だったのですね。

 

惜しかったね、えりか。でも立派だったよ。それにファイトマネーも始めて貰えたし。

頑張った。

父から掛けられる言葉はこんな言葉くらいしかありません。一番悔しいのは娘なのですから。

来年があるよ。来年こそ優勝目指そうね。あまり意味のない言葉かもしれませんが今ははそんな言葉しかありません。

そう、来年こそは。えりかも13歳という年齢になりますし、力も付けるでしょうし。来年に向けて準備をすればそれで良いのです。

来年こそは優勝。きっと叶うと思います。来年こそは、です。

 

それではまた明日(?)

 

プリンセスメーカー2リジェネレネーション、娘、辻試合に勝つ

今日こそプリンセスメーカー2リジェネレネーションのお話しを書きますね。

 

どうやら娘の住む街が、凄まじい寒波に襲われているようです。

 

 

「凄まじい寒波が襲ってきました。お嬢様の体調が心配です。早速冬服に着替えて戴きましょうか」

そして出てくる選択肢。「着替えさせる」と「いや、そのままだ」。

これ……「いや、そのままだ」にする人あまりいないと思うのですが……ドS父親プレイならありなのかな? 私は勿論着替えさせました。

 

 

「この服なら暖かいから平気よ」

冬服買っておいて正解でした。これからプレイする方には夏服も買うことをオススメします、買わないと後悔することになりますからね……。

 

 

今日も元気に軍学の授業を受けにきました。後々知ったのですが、これって凄く効率悪いのですよね……。プレイしている時は知らなかったのですけど……勿体無いかもしれません。

 

 

安定の農場アルバイトもしています。体力と筋力が上がるのです。体力はHPや健康に影響。筋力は10増えるごとに攻撃力が1上がるので重要。

農場アルバイトはお金が貰える上に体を鍛えることが出来ます。気品はさがりますけどね……。

 

 

家に急いでいると、いきなり声がかかりました。

「その娘、名のある武芸者とみた。我が名はホルスト・ハイムマン。一手勝負願おうぞ!」

と、いきなり試合を申し込んできました。辻試合がしたいようです。

 

 

挑戦を受けるかどうか悩む娘。ですが――。

 

 

「いいでしょう。いざ勝負!」

勝負に乗りました、ナイス、えりか。強くなったところを見せてね。今の娘なら戦えるはずです。そのために鍛え続けましたから。

 

 

試合開始! 攻撃します。

 

 

「えりかの攻撃! ホルスト・ハイムマンに95のダメージを与えた!」

娘の攻撃が始めてヒットしました。それにダメージも95点与えています。娘、強くなりました。

 

 

ホルスト・ハイムマンの攻撃を回避しました。これは勝てるのではないでしょうか。

 

 

見事勝利。娘の初勝利です。これは父も嬉しいですね。頑張ったね、えりか。お父さんは嬉しいよ。

「女に負けるなんて……俺は、俺はもォダメだァ~……」なんか見下されてますが、情けない人ですね。今のご時世だと、女に負けたからお終いとかいうと、色々な所から叩かれそうです。

 

 

「残念ね。あなたは私の敵ではないわ」

言い放ちました。これはキツい一撃かもしれません。ホルスト君、立ち直れるかな。ちょっと心配になります。

 

 

そして、戦士評価が10上がりました。ラッキーです。戦士評価は大事なステータスなので、上がると助かります。辻試合一回ごとに10入るようです。

 

今日は以上になります。娘の初勝利、嬉しかったです。この調子なら武闘会も……なんて期待してしまいます。実際のところはどうなのだろう……?

それはまた、別のお話で。

 

それではまた明日(?)

ドラクエ10、武器鍛冶職人が76レベルになりましたー。

今日もプリンセスメーカー2リジェネレネーションのお話しを書きます……と思っていたのですが、急遽他の話しを優先して書きたくなったので、そちらを書きますね。

 

仕切り直し。今日はドラクエ10のお話しを書きます。

 

昨日、遂に武器鍛冶職人が76レベルになりました。ここまで長かったです……。

ちなみにレベル75になったのが6月19日らしいので、レベル76になるまでに約一月以上かかったことになります。

最後の方はブーストとして、銀の短剣を作りまくっては店売りするという非効率な作業(その代わりお金は殆どかからない)をやって、76レベルまで上げました。それ以外は職人デイリーで経験値を稼いでいました。

 

 

武器鍛冶職人が76レベルになった瞬間です。やはり「レベルアップ」の文字を見ると嬉しくなりますね。この文字を見る為だけでも頑張れそうな気がします。

 

 

安定の「集中力が 2上がった!」です。せめて集中力の上昇は3にしてください……。2はキツいです。2で助かる命もありますが、3だと助かる命が増えるのです(?)

 

 

次のレベルに上がるまで。20万5000の経験値が必要なのね……。これは1ヶ月半コースかもしれません。正直しんどいです。ですが武器鍛冶80レベルまで頑張ります。

 

やっとここまで来た、と言うのが正直な感想です。レベル80まで恐らく集中力が2上がり続けるだけだとは思いますが、この調子で頑張って行きたいです。

武器鍛冶ってあまり利益が出ませんが、半分意地でやっています。いや、稼げる方法はあるらしいのですが、中々に高難度になる為手が出せなかったりします。大人しく天馬の大剣を作っているのが一番良さそうです。

天馬の大剣は素材のお値段が高いものの、☆3が出来ればかなりおいしいのでこれからも作っていくと思います。でも☆2とかだと殆ど儲けがないのですよね。武器鍛冶のジレンマです。

とにもかくにも76レベルになって満足しています。

次は77レベル、地道にやっていきたいと思います。

 

それではまた明日(?)

プリンセスメーカー2リジェネレネーション、娘、12歳になる。

今日もプリンセスメーカー2リジェネレネーションのお話しを書きますね。

 

今日は娘えりかの12歳の誕生日です。

 

 

「旦那様、今日はお嬢様の誕生日です! プレゼントを買いに行きましょうか?」

勿論行きます。良いものを買って、娘を喜ばせたいです。それに誕生日パーティーにプレゼント無しなんて酷いじゃないですか。

 

 

雑貨屋にやってきました。

プレゼント候補は4種類。どれにしましょうか……?

 

 

去年と一緒ですが、「書物」を選ぶことにしました。知識が豊富なのにこしたことはありませんからね。知の宝庫である書物を選ぶのはアリだと思います。

 

 

120Gですか。勿論買います。

 

 

「えりか・姫草12歳の誕生日」

さぁ、誕生日パーティーが始まりました。娘の12歳を祝うパーティーです。

 

 

「お嬢様、お誕生日おめでとうございます。これはお父さまからの贈物です☆」

去年と同じパターンですが、気にしない方向でいきます。喜んでくれるかな……?

 

 

「まあ!! お父さまありがとう!」

喜んでもらえたみたいです。父は嬉しいです。娘の笑顔がお父さんの支えです。

 

 

「お嬢様も12歳になられ、これより新たに「左官」と「狩人」のアルバイトが選べるようになります。

ふむふむ、左官に狩人ですか。機会があったらやらせてみたいと思います。

 

 

そして年末。娘に武器を買ってあげようと思いました。色々並んでますね。ただ、先立つものがあまりありません。

そんな妥協の中で選んだ武器はこちらです。

 

 

両手鉄剣。攻撃+18は魅力的です。防御は下がりますがそこは気にしない方向で。これで更に娘の攻撃力は更に上がりました。

来年こそは武闘会で優勝するよ? そんな父の想い。きっと娘も同じ気持ちだと思います。

 

 

最後に娘のステータスです。

この、身長、体重までは分かるのですが、スリーサイズの数値は何故あるのでしょうか……。別に構いませんけど。ここに数値に拘る人もいるらしいですから。

色々ステータスを見ていますが、やはり戦士評価は上がっていますね。もう一伸ばしすれば、武闘会で勝利も視野に入ってきます。

頑張ってくれるかな……?

 

それではまた明日(?)

プリンセスメーカー2リジェネレネーション、娘、武術大会に散る。

今日もプリンセスメーカー2リジェネレネーションのお話しを書きますね。

 

11歳になってもしっかり剣の修行は怠らない娘です。

 

 

どんどん強くなっています。この調子なら今年の収穫祭では良いところまで行けそう……そんな気持ちにさせられます。

基本的に農場バイトで稼いで、稼いだお金で剣術修行をしています。農場アルバイトは足腰の鍛錬になり、お金も入る。そして入ったお金で授業を受ける。良いスパイラルです。

 

 

剣術の授業を受けていると、次回から授業料が値上がりすると言われました。それはちょっと家計に痛いかな……。でも仕方ないですね。背に腹は代えられません。

でも痛いです。

 

 

家に何者かが訪ねてきました。

「勇者の養いし娘とは汝か……」

「は、はい……私ですがどなた様ですか?」

いきなりの訪問者に驚く娘。それはそうですよね。いきなりやってきて勇者の娘はお前か? とか聞いてくる奴はちょっとヤバいです。

 

 

「我は闘いを司る者・ヴァルキュリア」

な、なんか凄そうな人が現れましたね。

 

 

「汝よ。よく日々武の道に励み、精進したな。我こそ正しき戦士の守護者なり、今ここに汝が鍛錬の成果を称え、褒美をつかわす。

褒美ですか? ありがとうございます、ヴァルキュリア様。

 

 

「まばゆい光が室内をつつみ、気がつくとヴァルキュリアの姿は消えていた」

 

 

 

体が軽くなった感覚と、戦闘技術を3上げてくれました。ありがとう、ヴァルキュリア様。

 

 

剣術修行を続ける娘です。かなり強くなってきました。

ただ、授業料630Gは痛いです。授業料が上がったのが、もろに響いてます。

 

 

軍学の授業も受けてみました。感受性がどんどん下がっていますね。戦闘技術を上げたかったのですが、大して上がらなかったです。実は戦闘技術をを上げるにはもっと良い授業があるのですよね……。

 

 

今年もやってきました、収穫祭。そして武闘会。

勿論娘もエントリーします。今年こそは勝ちたいです。

 



初戦の相手は……「タオ・ランファン」らしいです。

「タオ・ランファンは東方人の女で、扇を武器にする、不思議な拳法の使い手です」

なるほど、キューブ君情報ありがとう。相手が誰であろうとただ勝つのみです。

 

 

試合開始です。1試合くらいは勝ちたいです。

戦士評価などをみるとこちらの方が上。勝てるはず。

 

 

娘、いきなり攻撃を外す。当てないとダメですね(当たり前)。まだまだ試合は始まったばかりです。頑張って。

 

 

いきなり痛恨の一撃をもらいました。114のダメージ。もう戦意を失いかけています。このままではまずいです。

 

 

ガスガス攻撃を受ける娘。もう戦意が4しかありません。

 

 

とどめの一撃をもらいました。

 

 

戦意0につきKOです。今年も、ひと太刀も浴びせられませんでした。悔しいです。来年こそは。

 

 

来年こそは優勝したい。娘の目に闘志が宿ります。武闘会で優勝する。それが娘の人生の目標になったようです。そのためにはひたすら訓練が必要となります。

娘よ、その覚悟はあるのか? いや、きっとありますね。

 

 

「一回も勝てなかったからって、くよくよすることないですよ。女の子はあんまり強くない方が可愛いですから」

 

キューブのそれはフォローになっていません……。娘は強くなりたいのです。可愛い女なんかに興味はありません。

武闘会で優勝するためにはもっと強くならなければ。強くなる。そう決意する娘でした。

 

……と、ここで一つ関係の無いお話しをします。パワプロ2024買いました。

以上です。

 

それではまた明日(?)

プリンセスメーカー2リジェネレネーション、娘、11歳になる。

今日もプリンセスメーカー2リジェネレネーションのお話しを書きますね。

 

娘、えりかも遂に11歳の誕生日を迎えました。

というわけで、パーティーの準備です。初めて娘の誕生日を祝う日になりますね。

 

 

「旦那様。今日はお嬢様の誕生日です! プレゼントを買いに行きましょうか?」

勿論行きます。プレゼント無しでは誕生日パーティも格好が付きませんからね。そして、親としても娘に喜んでもらいたいです。

 

 

雑貨屋さんに来ました。ここでプレゼントを選ぼうと思います。

お人形、ティーカップ、書物、詩集、の中から選ぶことになります。どれが良いのだろう?

これに決めました。

 

 

書物です。娘には知的でいてほしいですからね。書物は古今東西の知識の宝庫、なるほど良いですね。これを買います。120G払います。

 

 

「えりか・姫草11歳の誕生日」

 

 

「お嬢様、お誕生日おめでとうございます。これはお父さまからの贈物です☆」

書物を娘にプレゼント。喜んでくれるかな……?

 

 

「まあ嬉しい!! お父さまありがとう!」

喜んでもらえました。父親冥利に尽きますね。こちらこそありがとう。

こうして初めての、娘の誕生日パーティーは終わりました。これからも良き父でいられるよう頑張ります。

 

 

「お嬢様も11歳になられ、これより新たに「木こり」と「髪結い」のアルバイトを選べるようになります」

なるほど、木こりと髪結い。機会があったらやらせてみようと思います。

 

 

最後に娘11歳なりたてのステータスです。

やはり体力と筋力が高いですね。ただその他はダメダメです。気品に至っては0です。

優秀な戦士を目指しているので気品はなくても良いのかもしれませんが、ちょっと悲しいです。その内上げていきたいと思います。

まずは、戦士としての強さを得たいと思います。

11歳も始まったばかり。これからも成長に期待です。

 

それではまた明日(?)

プリンセスメーカー2リジェネレネーション、旅の行商人が来たり、道場破りに出会ったり。

今日もプリンセスメーカー2リジェネレネーションのお話しを書きますね。

 

収穫祭も終わり、落ち着きを取り戻した一家。そんな折り、突如家に訪れる者がいました。

 

 

「誰かが姫草家の扉を叩いた……」

誰でしょうね? 我が家になにか用でしょうか?

 

 

「丹那様、お嬢様、旅の行商人が訪ねて参りました」

キューブ君、取り次ぎありがとう。そして旅の行商人ですか。なにか面白いものでも売っているのかな?

 

 

なんか怪しい奴ですね。ただ売っているものは良さそうです。色々欲しいですね。PS版では規制対象になったとあるものも売っていますし……。

今回はお金がないのでパスします。残念ですけど。

 

 

さて、剣の修行です。レフトール先生の元、剣の修行を積みます。次の武闘会では勝ちたい。出来れば優勝したい。娘に強い想いがあるようです。父は見守ります。

 

 

練習後、師範が帰った後のことですが、フランソワ・モーレという女性が道場破りに来ました。これはちょっと穏やかではないです。さてどうしよう。

 

 

「師範はいないのか? では、看板をもらっていくぞ」

と言われるも、弟子は恐れて戦おうとしないようです。それなら。

 

 

「待ちなさい、私が相手よ!」

娘が声を上げます。度胸だけなら一級品なのです。いざ尋常に勝負、です。

 

 

戦闘力的には不利ですね。これは勝つのは厳しそうです。

でも、大事なのは勇気。声を上げた勇気が一番大事だと思います。

 

 

やはり負けました。そして看板を持って行かれました。

これで暫く剣術の修行が出来ません。農場バイトに精を出すしかないです。

ちなみに、筋力は10上がると攻撃力が1上がるらしいです。頑張って鍛錬ですね。

そんな娘の一幕でした。次こそは強くなる。頑張ってほしいです。父は見守りますよ。

 

それではまた明日(?)