ゲームとお食事だけして生きたいな。

ゲームについて色々書いていきます。趣味炸裂です。

アサシンクリードオリジンズのベンチマークを回しました。

今回は、アサシン クリード オリジンズのベンチマークについて書いて行きたいと思います。

いつもの検証ベンチマークですね。たぶん、アサクリオリジンズのベンチマークを回している方は少ないと思うので、ブログネタとして使うことにしました。

 

まずは私の環境を書いて行きますね。

 

OS:windows11 Home
CPU:Ryzen7 3800X
CPUcooler:Kotetsu2
GPU:RTX3080
RAM:16GBX2 64GB 3733MHz
M/B:MSI MPG X570 GAMING PLUS

大体こんな感じです。

検証用には悪くない構成かもしれません。

 

早速結果です。

 

まずは4Kですね。以下全て、画質は最高品質にしています。

 

f:id:noalles:20220115021441j:plain

 

平均FPS77。悪くはないですね。及第点の60は超えてますし。

時々ガクッとフレームレートが落ちることありますが、それは仕方無さそうです。

 

次はWQHDですね。2560X1440です。

 

f:id:noalles:20220115021721j:plain

 

平均FPS95。

先ほどの77より、かなり伸びましたね。これならリフレッシュレートの高いモニタでも、良い感じにプレイ出来るかもしれません。

解像度落とすというのも一つの手ですね。

 

最後はFHD、1920X1080の解像度でテストしてみました。

 

f:id:noalles:20220115022003j:plain

 

う、うん……?

私は何か間違えたのでしょうか……。

WQHDから平均FPSが1しか増えていません……。

使っているVRAMから見ても、解像度は落ちているはずですが……なんなのでしょうね?

これも一つの結果として受け止めるしかないですね。

 

大体こんな感じです。

やはり4Kはそれなりに重いと言ったところかもしれません。

意外な結果もありましたし、楽しくベンチを回せました。

今後も色々なベンチを載せて行きますね。

でも、たぶん、ベンチ記事って面白くないですよね……(笑)

その辺も考慮して書いて行きたいです。

 

それではまた明日(?)