ゲームとお食事だけして生きたいな。

PS4とPCゲーについて色々書いていくブログです。

ウイニングポスト9 2020 海外牧場が出来ない。

取り敢えずウイニングポスト9 2020で! ……と、取り敢えずビール的にやっていきます。

良いんですよ、このブログは私がやりたいゲームを書くって決めてるので。

ちなみにウイニングポスト9 2020ですが、またハマってます……。

子孫繁栄のシステムが楽しすぎるのですよ。

それはさておき、海外牧場を開けないのは何故だろう……。

公式のホームペーシ行くと、

 

条件を満たすと、2019年以降に海外牧場(米国・欧州)が開設できるようになります。
海外牧場を開設すると生産可能な頭数が増えます。また、海外牧場で生産した馬は、そのまま海外競馬に参戦させられます。
条件を満たすと、7月〜11月に海外牧場開設の話が舞い込んでくることがあります。海外牧場に建設・拡張できる牧場施設の種類は、プレイヤーの日本牧場と同じです。ただし、建設費は日本牧場の2倍で、繋養できる頭数も異なります(厩舎)。」(以下、コーエーテクモ、ウイニングポスト9 2020公式サイトより引用)

 

とあり、条件としては、

 

海外牧場開設の条件
  • 名声値がかなり高い
  • 牧場の規模がある程度大きくなっている
  • 資金に余裕がある
  • 海外競馬でかなり良い成績を残す
  • 特定の人物と出会っている
  • 日本牧場で種牡馬繋養施設を建設済み

(以下、コーエーテクモ、ウイニングポスト9 2020公式サイトより引用)

 

らしい。

 

このうち、名声値はカンストしてるので多分問題無い。

牧場の規模は最大。

資金は1000億超えてるので多分問題無い。

特定の人物と会っている。多分前作と一緒で、ヨーロッパの子と、アメリカの子で合ってると思う。

種牡馬繁用施設は出来ている。

 

つまり、このうち条件を満たしているか微妙なところは、海外競馬でかなり良い結果を残す、ですね……。

確かに凱旋門賞とかヨーロッパのレース勝ってないなぁと気付きました。

とはいえ、海外レースで良い成績というのが何を表しているのか分からないのと、額面通り読むと、話が舞いこむことがある、なので、運要素もありそうです。

実は現在2060年を超す年数をプレイしていますが、一度も話はありませんね。

やり海外レースなのだろうか……。

仮にそうなら、BCターフ(これは勝ってます)と、凱旋門賞辺りにも語らないとダメなのかもしれませんね。

それか単純に運が無いか。

どちらにせよ、今のところ海外牧場からは見放されてます……。

早く作りたいのですけどね。

今のところ急いでやりたいのはそこだけかな?

やっぱり海外に牧場あると、モチベーションが変わりますから。

 

それではまた明日(?)